刺される危険性がある

ハチというのは種類にもよりますが、近づいただけで刺されてしまうこともあるので危険だと言えます。歩いていただけで刺されるということもあり、場合によってはアナフィラキシーショックを引き起こす危険性もあるのでハチを見かけた場合は決して近づかないことが大切です。

住まいで多い厄介な害虫ランキング

no.1

ゴキブリ

暑くなると出てくる害虫にゴキブリがおり、圧倒的上位に挙がりました。生命力が強く、どんな狭いところでも出入りするので退治しても出てくる厄介な害虫と言えるでしょう。

no.2

ハエ・蚊

気づかないうちに家の中に侵入し、ハエは食べ物を狙い、蚊は人を刺すため家の中に入ってくると厄介と言えるでしょう。蚊に刺されると痒みを伴う、また子供の場合はかきむしってとびひになるなどの害があります。

no.3

アリ

ほとんどの家庭でアリに悩まされており、1匹のみではなく多くの数で侵入してくる他、近くに巣を作られてしまうと全滅させることは難しいでしょう。

no.4

ダニ

ペットを飼っていない家庭でも悩まされるダニは目視で確認することが難しく、一度の産卵によっておよそ3000個近く産むので繁殖力も高いものです。

no.5

ハチ

家屋内ではなく、周辺で悩まされるものがハチとなっており、気づいた時には玄関やベランダの上の部分に蜂の巣を作られていたということも多いです。

ハチ退治をして以前の快適な暮らしを取り戻そう

殺虫剤

黒い服はNG

ハチの天敵と言えばクマが挙げられ、クマの色は黒色に近いですよね。そのため、ハチは黒いものは敵だという認識がなされており、黒いものに攻撃をする習性があるのです。普段は黒い服で出歩いても問題はないかも知れませんが、キャンプなどで森林に行く際には黒い服は避けるようにしましょう。森林には蜂の巣が多い可能性が高く、巣がなくとも何匹かは飛んでいることがあるので刺されないためにも白い服を着て行くと良いです。服だけではなく、鞄など身に着けるものは黒以外の白やピンク、水色などのカラーを選択すると良いですよ。

香水も避ける

ニオイもハチを刺激する可能性があり、例えば近くに巣の存在を知らない場合、周辺で遊んでいるだけで大量のハチに攻撃されてしまう危険性があります。それは、ニオイが蜂の巣まで届くと勝手に巣に近づいていると認識され、巣を守るためにハチが攻撃を仕掛けてくるからです。ですから、蜂の巣がありそうな可能性が高い場所では香水の使用を避けるようにしましょう。また、香水だけではなくヘアスプレーなどニオイが少しでも強いと感じるものは使用をしないことが賢明です。

[PR]
ハチ退治を業者に任せよう
お値段もリーズナブル♪

ハチ駆除に必要なアイテム

  • 防護服
  • 帽子
  • 長靴
  • 手袋
  • ゴーグル
  • 殺虫剤
  • タオル

[PR]
ハチ退治はセルフじゃ駄目×
業者に依頼して徹底的に退治を

少しの数だけなら自分で行っても問題ない

ハチ駆除を行なう場合、数匹程度なら自分でも駆除することは可能です。しかし、防護服などハチに刺されないためのアイテムがいくつか必要になり、防護服でも安価なもので3千円ほどします。普段着用する長袖や長ズボンの場合、生地が薄いのでハチに刺されてしまうので購入は必須だと言えるでしょう。また、購入しても頻繁に使用するわけではないので最初からハチ駆除業者に依頼をしておく方が場合によっては料金も安く抑えることが可能です。

ハチ駆除業者に依頼する流れ

専門業者を見つける

まずはハチ駆除を請け負う専門業者を見つけることから始まります。依頼する業者によって料金が異なってくるので、自分に適した専門業者を見つけましょう。

問い合わせをする

依頼する業者が決まったら、電話をして都合の良い日にちを決めます。基本的に24時間受付のところが多いので時間帯を気にせず連絡をすると良いでしょう。

調査と見積もり

担当スタッフが実際に確認をし、ハチの種類や蜂の巣の大きさなど色々とチェックをした上でかかる費用を算出してくれます。

契約後に駆除スタート

算出してもらった見積もりに納得することができれば契約へと移り、ハチ駆除を行なってもらうことが可能です。また、見積もりに納得できない場合はキャンセルすることもできます。

支払いをする

きれいに駆除してもらうことができれば、後は支払いをするだけになります。業者によってはクレジット払いも可能になっているので事前に確認しておくと良いでしょう。

[PR]
蜂駆除はプロにお任せ♪
安心・安全に暮らせる住まいを

[PR]
蜂の巣駆除を任せよう!
信頼できる業者へ